WATCH FREAK'S

腕時計の基礎知識からかしこい選び方、個人的なおすすめモデルをご紹介

ネットショップの時計屋さんの延長保証は意味がない!

f:id:chihayax:20161123031812j:plain

保証対象外の対応になることがほとんどなのでは?

最近久しぶりにある時計屋さんのサイトを見ていると、ある変化に気が付きました。以前は高額な商品には延長保証が付けられるようになっていたのですが、延長保証のサービス自体が無くなっていました。

今回は以前から「このサービスって激安店では無理があるんじゃないかな?」って気になっていた時計屋さんの延長保証について書きます。

続きを読む

クロノメーターの精度

クロノメーター( CHRONOMETER )とは

スイスクロノメーター検定協会( COSC : Controle Officiel Suisse des Chronometres )がおこなう精度テストに合格した高精度なムーブメントのこと。

本来はムーブメントに与えられる認定だが、一般的にはクロノメーターを搭載した腕時計の総称として使用されている。

簡単に言うと“正確な機械式時計”である。

 

どのくらい正確か?

一般的な機械式時計(ノンクロノメーター)のムーブメントの日差は±20秒までが正常値とされている。

クロノメーターの認定基準は4秒から+6秒以内のとされている。

ちなみに、この基準はISO3159として国際的に規定されている。

 

検定の計測方法

  1. 5つの姿勢差(時計の向き)
  2. 3つの気温差
  3. 15日間の計測期間

 上記3つの条件で計測され、この条件下での平均日差が4秒から+6秒以内のものがクロノメーター認定をうける。

 

歩度証明書

クロノメーター認定を受けたムーブメントに発行される証明書。
購入した時計にはついてくる場合とついてこない場合がある。

新しいクロノメーター検定

現在ではスイスクロノメーター検定協会以外にもドイツ、フランスなどにクロノメーターの認定機関があり、独自のクロノメーター認定を行っている。

また、認定機関に頼らずにブランド、メーカーが独自の基準を設けてクロノメーターを上回る精度の腕時計を開発している。

日本が誇るSEIKOもその一つでグランドセイコーシリーズの規格は-3秒から+5秒と定められている。

まとめ

クロノメーターは誤差の少ないムーブメント、機械式時計の総称。

スイスクロノメーター検定協会以外にも新しい認定機関がうまれている。

各ブランドでも精度の向上への取り組みが続けられており、例えば、ブライトリングは全モデルにクロノメーターの認定を受けたムーブメントを搭載することを宣言している。

機械式腕時計を選ぶ際、正確さを重視する方にはおすすめ。

 

時計の風防の実用性とデザイン

ただのガラスじゃない!時計の風防

時計の風防とは

"風防”といわれてもピンとこない方は多いかと思います。
一般的な言い方をすれば"ガラス”です。

一般の方は“ガラス”で通じるのだからそれでいいんじゃないの?って思うかもしれません。
しかし、実際には通常の“ガラス”が時計の風防として使われるとことはまずないでしょう。普通のガラスはすぐに割れてしまうからです。

風防の役割

風防には様々な役割があり、極めて実用性の高いパーツであるといえます。

水や湿気、埃の侵入を防ぐ
衝撃やキズなどから文字盤を守る
光の反射を抑え視認性を高める
紫外線をカットして文字盤の色あせを防ぐ

この他にも拡大ガラスをカレンダー部分に設置することで日付を見やすくするといった役割もあります。

 

風防のデザイン

f:id:chihayax:20160519132701j:plain

デザインにおいても見た目の印象を大きく変えるパーツです。
大きく分けて形状は"フラット型”、"ドーム型”の2種類です。どちらが採用されているかで時計の印象は全く変わってきます。
※写真はドーム型の風防です。

フラット型の特徴
  • 視認性が高い
  • シャープ、スポーティーな印象
ドーム型の特徴
  • 視認性が低い(ゆがみ光の反射が生じる。見る角度によってゆがみは変わる)
  • クラシカルで温かみのある印象
  • 成型には高い技術が必要(素材がサファイアクリスタルの場合)
  • パーツ自体の価格が高い

 

風防の素材

風防に使用される素材は大きく三つに分けられます。

  • サファイアクリスタル
  • ミネラルガラス
  • プラスチック

それぞれの特性について見ていきましょう。

 

サファイアクリスタル
  • 硬い(ダイヤモンドの次に硬いとされる)
  • 透明感が持続する
  • キズがつきにくい
  • キズがつくと取りにくい
  • 加工しにくい
  • 高級なモデルに採用

 

ミネラルガラス
  • サファイアクリスタルに比べて柔らかい
  • 割れにくい 
  • 温かみのある素材
  • 比較的加工しやすい
  • 比較的安価な素材

 

プラスチック
  • キズがつきやすい
  • キズを消しやすい(小キズ程度なら自分で消すことが可能)
  • 加工しやすい
  • 安い
  • 劣化しやすい
  • アンティークの時計に採用されていることが多い

 まとめ

風防はただのガラスではなく、実用性、デザイン、見た目にも大きく関わってくる重要なパーツです。時計選びの際は要チェックです。

現行モデルの高級な腕時計はほとんどがサファイアクリスタルが採用され風防には最も適した素材であるといえます。

デザイン(フラット型かドーム型か)は好みの問題だと思います。
ドーム型は確かに視認性が低くなりますが、実際、時間が確認できないほどのことではありません。

個人的には遊び心のあるドーム型を採用したモデルに惹かれます。

私がここ最近実際に見て一番ほしいと思ったのがオリス ダイバーズ65です

 

50年前のモデルの復刻モデルでかなり大きくカーブしたドーム型の風防が採用されています。

 

時計の防水性 意外と知らない普段使いに必要とされる基準

f:id:chihayax:20151129153526j:plain

防水性の表示方法と見方

防水性の表示の方法は各ブランド、ショップでそれぞれ

“〇m防水”という表示をしているところもあれば
〇気圧防水”という表示をしているところもありますし
“〇ATM”という表示のところもあれば
“〇BAR”なんていう表示のところもあります

さてこれらの表示の見方ですが

続きを読む

腕時計のケースサイズは大きめ?小さめ?どっちが買いか!

f:id:chihayax:20151031015519j:plain

見た目の印象が大きく変わるケースサイズ

デザインで時計を選ぶならケースのサイズは重要といえます。実際着けてみると同じデザインでも見た目の印象がかなり違ってきます。同じデザインでもサイズ違いをリリースしているブランドが多くみられるのもそのためでしょう。

ケース径はどこからどこまでの長さ?

ケース径、直径、ケースサイズ、φ(ファイ)などショップによってバラバラに表記されていますがどれも同じ意味です。

続きを読む

ケースの素材ステンレススチールかチタンどっちがいい?

ケース素材はSSか?チタンか?f:id:chihayax:20151028015426j:plain

チタンはここ10年くらいの間で採用するブランドが増えてきているようですが、現在流通している時計で多いのはステンレススチール(SS)でしょう。
どっちが時計のケース素材として優れているのでしょうか?

続きを読む

時計のベルト。レザー、メタル買うならどっちだ!

f:id:chihayax:20151023033122j:plainベルトは腕時計のアイデンティティ

腕時計のルーツは約120年前、戦場で兵士が懐中時計に革のベルトを腕に結んで固定したことが始まりだそうです。ベルトは腕時計のアイデンティティ、歴史にかかわる大事なパーツといえます。

ベルト変わる腕時計の印象

メタルブレスレットとレザーストラップとではかなり印象が違ってきます。

続きを読む